『べつに怒ってない』/武田 砂鉄

『べつに怒ってない』

武田砂鉄(著)

やろうと思ったけどできなかったこと、やる前に考えてしまったこと。不毛な考えが豊かに花開く、「日経MJ」連載から厳選したエッセイ123本詰め。

著者

武田 砂鉄(タケダ サテツ)

1982年、東京都生まれ。出版社勤務を経て、2014年からフリーライターに。著書に『紋切型社会―言葉で固まる現代を解きほぐす』(朝日出版社、新潮文庫、第25回Bunkamuraドゥマゴ文学賞受賞)、『コンプレックス文化論』(文藝春秋)、『わかりやすさの罪』(朝日新聞出版)、『偉い人ほどすぐ逃げる』(文藝春秋)、『マチズモを削り取れ』(集英社)などがある。新聞への寄稿や、幅広いメディアでの連載を多数執筆するほか、ラジオ番組のパーソナリティとしても活躍している。

出版社:筑摩書房

刊行年:2022 / 7

サイズ:四六判

ページ:272ページ

『べつに怒ってない』/武田 砂鉄

¥1,760価格
  • 送料 370円

    ※追跡サービスなしのポスト投函となります。追跡・補償の付くゆうパック等での配送をご希望の場合はお知らせください。サイトに掲載されていない他商品との同梱も承ります。お気軽にお問い合わせください。