『きつおんガール』

商品情報:出版社サイトより

 

『きつおんガール うまく話せないけど、仕事してます。』(合同出版)
小乃おの(著/文 | イラスト)

菊池良和(解説)

 

吃音で苦しんでいる人に伝えたい、
「吃音があったって」「〝きれいに〟話せなくたって」思いは相手に伝えられる。

「あ、あ、あ……(ありがとう)」うまく言葉が出てこない……。
小学生の時、音読の順番が回ってくるのが怖かった。
なぜ吃音のある私が、コミュニケーション中心(!)の社会福祉士という仕事を選んだのか。
吃音で悩んでいたときのこと、言葉がスムーズに出せない感覚、恩師の言葉、社会福祉士としての仕事――。
吃音と生きてきた私の物語。

『きつおんガール』

¥1,400価格
  • 送料 370円

    ※ポストへの投函となります。補償の付くゆうパック等での配送をご希望の場合はお知らせください。