シリーズ 日本の中の世界史 全7冊セット

『「連動」する世界史』(2,400円)

19世紀世界の中の日本

明治国家の形を,諸地域間の関係と相互作用の中で形成される「世界史の傾向」の土着化の過程として描き出す.

『帝国航路(エンパイアルート)を往く』(2,400円)

イギリス植民地と近代日本

イギリスの「帝国航路」を辿って渡欧した日本人の経験や思索を通して,帝国主義世界体制の中での位置を模索する近代日本の姿に迫る.

『中島敦の朝鮮と南洋』(2,400円)

二つの植民地体験

朝鮮と南洋――作家・中島敦の二つの植民地体験を糸口に,戦争と植民地支配をめぐる諸問題を問い直す.

『日本で生まれた中国国歌』(2,400円)

「義勇軍行進曲」の時代

国民党幹部・邵元冲と張黙君夫妻,中国国歌の作曲家・聶耳――近代日本は三人の眼にどのように映ったのか.

『平和を我らに』(2,400円)

越境するベトナム反戦の声

世界史上もっとも国際連帯の進んだ運動の経験を,半世紀を経た今見つめ直し,その歴史的意義を考える.

『手仕事の帝国日本』(2,500円)

民芸・手芸・農民美術の時代

忘れられかけた手仕事の魅力と価値を再発見し,新たな「美」の創造に挑んだ美術家たちの実践の歴史的意義を問う.

『買春する帝国』(2,400円)

日本軍「慰安婦」問題の基底

人身売買によって支えられていた近代日本の公娼制が,日本軍「慰安婦」制度を生み出すまでの歴史を辿る.

シリーズ 日本の中の世界史 全7冊セット

¥16,900価格
  • シリーズ日本の中の世界史 全7冊セット

    送料 無料