加藤典弘 3冊セット

『可能性としての戦後以後』(1,240円)

戦後の思想空間の歪みと分裂を批判的に解体し、戦後的思考の更新と公共性の再生にむけて果敢に挑む。

『僕が批評家になったわけ』(1,120円)

批評のことばはどこに生きているのか。その生にもつ意味と可能性を、思考の原風景から明らかにする。

『大きな字で書くこと』(1,800円)

簡単に一つのことだけ書く文章とはどういうものだったか.――急逝した著者が遺した最後のことばたち.

加藤典弘 3冊セット

¥4,160価格
  • 加藤典弘 3冊セット

    送料 520円