【文庫】2020年7月新刊5冊セット

『次郎物語 (三)』(640円)

(著)下村 湖人

教師の教育的信念に感銘を受けた中学生次郎は、いかに精神的成長をとげるのか――。長篇教養小説。

『対訳 ランボー詩集ーフランス詩人選1ー』(1,020円)

(著)中村 義和

伝説と謎に包まれる詩人ランボー。『地獄の一季節』全文を含む主要作品を原文・訳文・注解で味読する。

『上方落語ノート 第四集』(1,180円)

(著)桂 米朝

「考証断片・その四」「風流昔噺」などのほか、青蛙房版未収録分も併せて収める。全四集。解説・矢野誠一

『遠い声 管野須賀子』(1,320円)

瀬戸内 寂聴

大逆事件により29歳で刑死した管野須賀子。死を目前に胸中に去来する己の波乱の生涯。長編伝記小説。

『101年目の孤独 ー希望の場所を求めてー』(920円)

(著)高橋 源一郎

弱さとは何か。文学と現実の関係を考え続けてきた著者初のルポルタージュ。書き下ろしの長いあとがき付き。

【文庫】2020年7月新刊5冊セット

¥5,080価格
  • 文庫5冊セット。

    送料 520円