top of page
『記号化される先住民/女性/子ども』/ 石原真衣

『記号化される先住民/女性/子ども』

 石原真衣(著)

 

マイノリティと記号化について、斯界の気鋭たちが論じる。
2021年10月に北海道大学 アイヌ・先住民研究センターで行われたシンポジウムの書籍化。
北原モコットゥナシ「神秘と癒し―アイヌ文化発信の陥穽」
中村平「記号化される台湾先住民:日本殖民主義の認識論と透明な殖民者日本人」
加藤博文「記号化による文化遺産の植民地化:収奪される地名・記憶・歴史」
内藤千珠子「フィクションの暴力とジェンダー:登場人物としての「アイヌ」から考える」 
村上靖彦「記号が照らすすき間、記号を逃れる本人――大阪市西成区でのヤングケアラー調査をもとに」
石原真衣「先住民という記号:日本のダイバーシティ推進における課題と展望

 

出版社:青土社

刊行年:2022年07月

サイズ:四六判